日々のお金のやりとりは、まず「しっかりと記録する」ことが重要

お金は「資産」の基本的なものです。

日々のお金のやりとりは、きちんと「記録」をすることが大切になります。ここは、現金、カード、電子マネー関係なく、とにかく記録することです。1円単位で記録します。ここで大切なのは、1円単位で管理することではなく「とにかく記録する」ということです。しつこいですが、日々のお金の使い方を「記録すること」ことです。自販機のジュース1本も記入します。

その後、クレジットカード以外の領収書は捨ててしまっても構いません(一定期間は、返品等を考えて取っておかなければならないが、それでも1週間程度か)。一方、カードは、後で請求が正しいかどうかを確認しなければならないので、確認するまでは取っておく必要があります。 その後は捨ててしまって大丈夫です。

最終的には月度の損益計算書にしますが、その際の収支は千円単位にしてしまいます。合計額まで1円単位で管理する必要はありません。

とにかく、「しっかりと記録する」癖をつけることが資産形成のスタートになります。