「キーボーディング」は「全体運動」の「流れ」で

先の記事で、「プログラミング」より「キーボーディング」について言及しました。確かに、キーボードを使って、いろいろな考えをまとめたりすることは大切です。その際には、ブラインドタッチで高速に入力することも必要ですが、ショートカットキーを使った操作も重要になります。

この際、認識した方が良いのが、操作した次の瞬間には、次の操作がすぐにくるということです。したがって、個別の操作方法を覚えるということも重要ですが、それぞれを結びつけて全体として考えられるようにしていくということが特に重要になります。

このプロセスは、実は一人ひとりによって異なります。ではどうするか。したがって、理屈抜きでとにかく訓練のみでです。それができてこそ本当にスピードも早まり、効率も早まり、あたかもPC操作をしているという感覚がなくなってくるのです。ここまできて、ようやくスタートラインです。