CATEGORY

仕事術

  • 2021年10月5日
  • 2021年10月9日

「キーボーディング」は「全体運動」の「流れ」で

先の記事で、「プログラミング」より「キーボーディング」について言及しました。確かに、キーボードを使って、いろいろな考えをまとめたりすることは大切です。その際には、ブラインドタッチで高速に入力することも必要ですが、ショートカットキーを使った操作も重要になります。 この際、認識した方が良いのが、操作した次の瞬間には、次の操作がすぐにくるということです。したがって、個別の操作方法を覚えるということも重要 […]

  • 2021年10月4日

「プログラミング」より「キーボーディング」が大切

遠藤諭さんのブログ記事「実は「プログラミング」より「キーボーディング」が大事」では、最近のIT教育がプログラミング偏重になっていることが挙げられています。 企業でもDXの名のもとに、種々の教育が行われています。その中で「プログラミング」はその一つでしょう。最もベーシックなところでは、ExcelVBA、Pythonなどが挙げられます。確かに、これらのスキルをアップさせることで、業務改善に一定の貢献を […]

  • 2021年9月30日
  • 2021年9月30日

PC操作のシンプル化は優先度が高い「メール」から

PC操作をどこから実践するのか、ということについては、いろいろ議論があるかと思います。「資源集中」という観点からはメール(Outlook等)から実践するのが良いでしょう。 というのも、私たちの仕事の多くは、メール処理が多いと思われるからです。もちろん、多く使っているソフトが異なるとすると、そちらに集中すべきです。Excelが多ければ、Excelというように。 Outlookであるとすると、以下をマ […]

  • 2021年9月28日
  • 2021年9月30日

Accessを利用し、データ活用を一段高く

なぜ、Excelだけはだめなのか  データを活用するのに、Excelだけでは何が不安なのでしょうか。Excelは、計算式を入れていくと、それだけでデータ量が大きくなってしまうのです。その計算式は、一行一行、一セル一セルに計算式が入ってしまっています。これにより、データ量が膨大になってしまうのです。この点は、Excelの弱いところといえます。 Accessって何だろう  Excelでも実現可能だけれ […]

  • 2021年6月6日
  • 2021年9月22日

「書き始めの第一歩」を楽にする音声入力

「書く」という作業は、実は「書き始め」がすごく大変だと思いませんか。 実は、音声入力を実施するとその壁が驚くようになくなります。これは本当に劇的であるので、是非試してみると良いのではないかと思います。 音声入力はこのように、「とにかく仕事を始める」「慣性を打ち破る」ということにおいて、大きな効果を発揮します。 メールの下書きを作るというのは、もちろん謝罪メールに限りません。私は、少し長めのメールは […]

  • 2021年5月23日
  • 2021年9月30日

脳を活性化する「手書き落書きノート」の活用

私は以前から、B5版のノートを「落書きノート」として使っていますが、この落書きノートが非常に便利なのです。 内容としては、仕事、プライベート、考えたこと、などとにかくいろいろ書き出しています。1日10ページくらいは書くと思います。多くのものをデジタル管理していますが、これだけはアナログでやっています。「書く」と言う行為自体が、また別の角度からの刺激にもなっているのではないかと思っています。 ノート […]